靴みんごぶろぐ

靴屋で働く22歳 のぞみんごです。革靴の沼に肩までどっぷりと浸かった日常をお届けします。

足が増えたらば。

f:id:nozomingo:20200426204038j:plain

「そろそろ足のほう増やしたら?」

大学1年の時からずっとつるんでいる友人からの一言だった。

「人には2つの目、2つの手、んでもって2つの足しかないんよ。2本しかないんだよ? そんなに靴持っててどうすんの?」
友人はいつも、そう僕に言うのだ。

もちろん、僕だって自分に足が2本しか生えていないことは重々理解しているつもりだ。しかし、靴好きの皆さんなら分かるはず。


「そういうことじゃない」と。


確かに足は2本しか生えていない。しかし、その2本に履かせる靴を一足選ぶときの楽しさほど、靴好きにとってすばらしいものはないと心より感じている。まるで、小学生の時に駄菓子屋で買った10円ガムをどれから食べようかと迷っている時のような高揚感と幸福感のそれだ。


そんな悦びを感じているはずなのに「足増やしたら?」という言葉を聞いたとき、

「ッ! その手があったか・・・」

と頭の悪い反応をしてしまった。


ただ、靴を溺愛するあまり増えすぎてしまった靴に対して、これ以上の愛を注ぐには、もうこの手段しかないのだ。


まあ、そんなことを言っても、無理なものは無理なので、
最近では、帰宅して食事を済ませた後に、わざわざ散歩に出掛ける日々が続いている。しかし、この方法では一日の時間をかなり削ってしまう。

健康には良いかもしれないが、22時に帰宅して夕食を摂り、散歩に1時間ほど行ってから入浴。そして、靴を愛でる時間におよそ1時間かけるとすると、平気で午前2時を回ってしまう。
そして、ブログの記事も書くとなると、生活に支障をきたすこと間違いなし。

どうしようか、何にしても時間が足りない・・・

そこで、朝に散歩をした場合もシミュレーションしてみる。

毎朝早起きし、小一時間の散歩。帰宅後は大好きなコーヒーを飲みながらの朝食、記事の執筆、筋トレ、趣味の読書とピアノ。靴磨きは帰ってからやるとして…。


「あれ、靴以外にほとんど時間持ってかれてんじゃん (;^ω^)」


ここで、時間がない原因が革靴以外にあることにようやく気付く。

「革靴には触れていたい。でも、他のこともやりたい。ただ、靴磨きを欠かすなんてありえない。だか、読書を削るのはもってのほかだし...。
一体何を優先すればいいんだ!!(涙)」
と、堂々巡りに陥ってしまい、完全に思考停止。


とにかく、人体の構造と時間の壁に文句を言っても仕方がない。取捨選択し、うまくやり繰りしなければ、と頭を悩ませていたとき、とある凶報が届いた。

先日受けた検診での血液検査の結果だ。そこには驚愕の数字が叩き出されていた。


f:id:nozomingo:20200426212335j:plain


中性脂肪 326mg/dl
(基準値:30~149mg/dl)


中性脂肪が基準値の2倍以上の、完全なる脂肪肝


たしかに自覚はあった。
朝昼晩合わせて4合以上の米を口に運ぶ毎日。それに加え、間食や夜食を欠かしたことなど一度もない。

筋トレをしていれば太らない

そう信じ込み、自宅での自重トレーニングはほぼ毎日していたため、確かに表面上は太ってはいなかった。
しかし、4合と間食・夜食の蓄積はじわじわと僕の内臓を蝕んでいたというのだ。


この事実は、かなり精神的に堪えた。
ただ、良くも悪くもこのおかげで、しなければいけないことが2つ浮上した。


それは『糖質カット』と
『毎日の有酸素運動


僕は、思わぬ形で
散歩(革靴を履く機会を増やす)という選択肢を選ばざるを得なくなった。